HOME > 旨いものガイド


■黒潮洗う「海の幸・磯の幸」

南房総と言えばやはり、金目鯛・鯖・鯵といった近海で獲れる地魚をはじめとする海の幸。そして、漁獲量日本一を誇る伊勢海老や、海女漁が盛んな白浜で獲れるサザエ・アワビといった磯の幸。味はもちろん、活きのよさは、周囲を海で囲まれている南房総ならではです。

■おいしさに出会う「美味八献」

花栽培が盛んな千倉の「花料理」、和田漁港に水揚げされる「鯨」、岩井の漁師が手塩にかけた「黒あわび」、いにしえの味を今に再現した「古式料理」、南総里見八犬伝にちなんだ「伏姫御膳」、さらに「里見和豚」「房総地鶏」「房州真鯛」など、幸あふれる南房総では味な出会いがいくつもあります。

■おいしさに出会う「美味八献」

新鮮な鯵や鰯の身を細かくたたいてつくる房総の漁師料理「なめろう」、なめろうを焼いた「さんが焼き」、花などをモチーフにする彩りあざやかな「太巻き寿司」は、ここでしか味わうことのできない郷土の味覚。食すれば南房総通になれる逸品です。
※「なめろう」は、皿までなめてしまうほどおいしいことから、そう呼ばれるようになりました。

■大地の恵味「房総野菜・特産物」

富浦を中心に栽培されている大粒の「房州びわ」や、温暖な南房総の恵み「房州みかん」「イチゴ」といったフルーツのほか、春の味覚「食用菜花」や初夏の味覚「ソラマメ」など、南房総の特産物はいろとりどり。直売所がある道の駅などでは、地野菜の「房総野菜」が気軽に購入できます。

このページのトップへ